一戸建て購入後にインターネット回線を契約する方法は?必要な期間も解説

一戸建て購入後にインターネット回線を契約する方法は?必要な期間も解説

近年では、趣味や仕事を目的として、自宅にインターネット回線を引く方が多くいらっしゃいます。
しかし、引っ越しをする場合、インターネット回線の契約に悩むケースも珍しくありません。
そこで今回は、一戸建て購入をお考えの方に向けて、インターネット回線契約の方法と、Wi-Fiルーターの種類、インターネットが使えるようになるまでの期間を解説します。

一戸建て購入後にインターネット回線を契約する方法

一戸建てでインターネットを利用するには、回線事業者とプロバイダの2種類の契約が必要となります。
プロバイダは、工事などで準備された回線を使用してインターネットに接続するサービスを提供する会社です。
近年では、回線事業者とプロバイダが同一のサービスを提供することが増えており、これにより手続きが簡略化され、比較的簡単にインターネット環境を整備することが可能です。
インターネット回線を契約する方法としては、契約を検討している回線事業者のウェブサイトから申し込むか、家電量販店などに足を運んで申し込む方法があります。

一戸建てインターネット契約におけるWi-Fiルーターの種類

Wi-Fiルーターを選ぶ際には、データの通信速度を確認することが重要です。
規格によって最大通信速度が異なるため、Wi-Fi選びではスペックを重視することがおすすめです。
また、Wi-Fiルーターの選択は、購入する一戸建ての間取りにも影響されます。
各メーカーが公表している情報を参考に、家の必要な場所に電波を届けられる製品を選ぶようにしましょう。
さらに、Wi-Fiルーターには、同時に接続できるデバイスの台数に上限があります。
したがって、家族が同時に利用するパソコンやゲーム機、スマートフォンの台数を考慮し、家族全員が快適にインターネットを楽しめるような製品を選ぶことが重要です。

一戸建てでインターネット回線契約にかかる期間

マイホームで選ばれることの多い光回線の場合、申し込みからインターネットが利用できるようになるまでにかかる期間は、一般的に3週間前後です。
ただし、どの会社と契約するかによって必要な期間には差があります。
早いところでは10日で開通する場合もありますが、遅い場合は2か月ほどかかることもあります。
とくに、電柱から回線を引き込む必要がある一戸建ての場合は、マンションよりも開通までに時間がかかる傾向がありますので、その点に注意しましょう。
また、引っ越しシーズンなどの年度末には、インターネット回線工事が集中するため、希望する日に工事の予約が取りにくくなる可能性があります。
そのため、新居でのインターネット利用をスムーズに始めたい場合は、早めに回線工事の申し込みをおこなうことが重要です。

まとめ

一戸建て購入後にインターネット回線を契約するには、プロバイダ・回線事業者との契約が必要です。
Wi-Fiルーターの種類は、通信速度・間取り・同時接続台数などをチェックして、快適に使えるものを選びましょう。
インターネット回線契約にかかる期間は3週間前後ですが、引っ越しシーズンには申し込みが集中するため、早めの対応を心がけてください。
浦安の不動産売買なら東京ベイリビングにお任せください。
弊社には、お客様と一緒に不動産取引について考える専門家「Realtor(リアルター)」が常駐しています。
地元に根付いた営業で、お客様の大切な住まいをスピーディーにご提案させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。


前へ 「不動産売却前の物件調査とは?その種類や当日までの流れを解説」

記事一覧

「不動産売却における「売買契約書」とは?必要性やポイントについて解説」 次へ